故郷を発信し直す

リトルプレスやフリーペーパーを読むのも集めるのも大好きです。

そんなわたしが以前から気になっているけど手に入らないものの一つに、北海道釧路の出身者で地元を盛り上げようとする「クスろ」が発行するフリーペーパー「ひとめぐり帖」というものがありました。

クスろのメンバーのお一人と、立ち上げ前にとある飲み会で知り合い、意気投合したことをきっかけに活動自体は以前から知っていて、遠くから見守っていました。

これまでもウェブメディア「クスろ港」を運営されていましたが、ひとめぐり帖はこのウェブサイトの「ひとめぐり」というコンテンツが、紙版として発行されたようなもの。ずっと読んでみたいと思いつつもなかなか都内では置いてあるところがなく、手にする機会がありませんでした。

いつか手に入ればと思っていましたが、バックナンバーの残りが少なくなっているということを知り、居ても立ってもいられずメンバーに直接連絡をさせてもらって、これまでのものも在庫がある号だけを無理言ってまとめて送ってもらいました。

届くまではA4ほどのサイズを想像していたのですが、実物は手のひらサイズの可愛らしいサイズ。こういった冊子でこのサイズはあまりないので、ちょっと意外でいい意味で裏切られた感じです。きっと手に取りやすいとかポケットに入れてもらいたいとか、何かしら理由があるんだと思いますが、具体的な理由は分からないので、いつか釧路に行って直接その理由を聞いてみたいです。

釧路の魅力と、メンバーのみなさんの想いや伝えたい気持ちがギュッと詰まったこのフリーペーパーには、小さいながらもとてつもない力強さと郷土愛を感じます。

こういったリトルプレスやフリーペーパーが最近は増え始めているように思いますが、もっと都内でも手に入りやすくなっていったらいいなと思うし、但馬ではまだまだこういった発信が少なくこれからきっと重要になってくるはずです。

チコニア商店は、兵庫県北部 但馬地方の良いもの、おすすめしたいものだけを、地元の出身者が選んで販売するお店です。